葉酸サプリは医療費控除の対象となる?

日本の場合は1年間に家族全員合わせて合計で10万円を超えた場合には医療費控除の対象となるので医療に掛かったお金の一部が申告する事で戻ってきます。
本人のみでは無くて家族全員であるために、自分だけでは10万円を超えていない場合でも家族と合わせれば10万円を超える事もあるのできちんと確認をしてみた方が良いです。
その医療費制度に葉酸サプリの購入費用は対象となるかどうかという事をここではお話をします。
葉酸は摂取する事によって胎児の先天性の異常の確立を下げる事も分かっており、厚生労働省でも葉酸の積極的な摂取が推奨されています。
そのために妊婦の方は葉酸サプリを摂取するという事も珍しくはないです。
しかし、ここで問題となるのはサプリが医療費控除の対象となるかどうかという事です。
残念ながらサプリの場合は単なる食品であって薬ではないので対象とはなりません。
そのためにドラッグストアなどで購入して摂取しても、後からお金が戻ってくるという事はないです。
たとえ厚生労働省によって積極的な摂取を推奨されていようとも、それは変わりないです。
ただ、一般的なサプリであれば仕方のない事ではありますが、葉酸サプリの場合は病院で処方してもらうというケースもあります。
そのために病院で処方してもらった場合は医療費の一部である可能性も考えられます。
実際はどうなるのかというと、病院で手に入れた場合であったとしてもサプリである事には変わりないので結果は同じく対象外という事になります。
http://you3sapuri.xyz/