収入証明不要のキャッシングを徹底検討

キャッシングの申し込み、利用にあたっては、例外なく免許証などの本人確認書類が必要ですが、収入証明が必要になる場合もあります。本人確認書類は免許証や保険証など、常に手元にあるものですから、準備するのに時間はかかりません。しかし、収入証明書類となると、会社に源泉徴収票を発行してもらったり、役所に納税証明書を取りに行ったりしなければなりません。できれば収入証明不要のサービスを利用したい、と誰しも考えるでしょう。
収入証明書類が求められる条件は、キャッシングサービスを提供する会社によって違います。そもそも一定の年収のある人しか利用できないサービスであれば求められるのは当然ですが、消費者金融では50万円以上で必要となるところが多数派です。銀行系は100万円以上200万円以上、などとなっています。
逆に言えば、それより低い借入であれば収入証明不要になる、ということですから、不要な金額で申し込む、というのもひとつの方法です。しかし、金額に関係なく収入証明を求められる場合もあります。例えば50万円以上で必須とされている会社に49万円の融資を申し込むと、明らかに収入証明不要の条件を満たすギリギリの金額、ということが分かります。不審に思われ、収入証明を求められることもあるでしょう。自己申告の年収があまりにも不自然に高い場合にも求められる可能性があります。
収入証明書類は会社員なら源泉徴収票、個人事業主なら確定申告書の写しなどが求められます。
総量規制対象外のカードローンはイイもの?はこちら